祝日でもキャッシングは可能?

困ったときにすぐにお金を借りることができるキャッシングは、忙しい現代人にとってもはや欠かせないものかもしれません。急な出費の際や、月末のピンチ時などに、必要な金額をすぐに用意できますから、うっかりお金を使いすぎてしまった時にも大変便利です。
そんな便利なキャッシングですが、たとえば土曜日や日曜、祝日などにも、お金を借りることはできるのでしょうか。
基本的に、消費者金融なら土日・祝日を問わず即日融資が可能となっており、お休みの日でも利用が可能です。銀行のカードローンでも祝日に利用できるところはありますが、一部対応していない銀行もありますので、注意が必要です。休日のデート費用を、事前に用意し忘れてしまった、そんな時にも消費者金融なら安心、ということになります。ただし、これはすでに申し込みを完了している場合であり、新規の申し込みをして、即日融資を受けたい場合は難しくなります。困ったときにすぐにキャッシングができるよう、事前にカードを作っておく必要があるでしょう。

キャッシングの契約を結ぶ時に融資残高の話を聞く長所

キャッシングの契約を結ぶ時に融資残高の話を聞くと、興味深い話を聞ける、良い勉強になるなどの長所が存在します。受付は借り過ぎてしまった人の例を出し、色々なことを教えてくれます。キャッシングにより失敗した人のことや、成功につながったケースの話などを聞けるので、興味深いと感じても不思議ではないです。受付として長年働いた人は、経験が豊富なことから色々なエピソードを知っているので、話を聞くのは楽しいはずです。理解できない単語が出てきた場合は、質問をすれば丁寧に教えてくれるので問題ないです。また、融資残高の話を聞くと、良い勉強になると考えるはずです。話を聞くとキャッシングを利用する時は、無理のない金額を借りることの大切さを認識できると想定されます。そして、自身の収入に見合ったお金を借りる結果へと結びつきやすいです。この時は受付にお願いして、キャッシングの際の利用限度額を設定させて頂きましょう。そうすれば、必要以上にお金を使うことがなくなります。

消費者金融と銀行でお金を借りるならどこがいい?

少額から高額まで、使用用途に応じて借りられるカードローン。たくさんの金融会社から選ぶのはなかなか難しいもの。
「どこも同じ」と思う人も多いのではないでしょうか。各社の特徴や強みなどポイントを絞ってカードローン比較をしていきます。

おすすめの消費者金融

消費者金融の特徴は即日審査・即日融資・初回無利息期間を全面的に宣伝しています。

〈アコム〉強み:消費者金融で唯一クレジットカード会社と提携
〔金利〕3,0%~18,0%〔限度額〕800万円

〈プロミス〉強み:三井住友銀行グループ
〔金利〕4,5%~17,8%〔限度額〕500万円

〈アイフル〉強み:低金利のおまとめローン「おまとめMAX」
〔金利〕4,5%~18,0%〔限度額〕500万円

〈モビット〉強み:三菱東京UFJ銀行グループ
〔金利〕3,0%~18,0%〔限度額〕800万円

おすすめ銀行カードローン

銀行カードローンの特徴は低金利・ローンの種類が豊富・銀行ならではの安心感があります。

〈オリックス銀行カードローン〉強み:金利業界最低水準
〔金利〕1,7%~17,8%〔限度額〕800万円

〈三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック〉強み:テレビ電話契約で即日融資可能
〔金利〕1,8%~14,6%〔限度額〕500万円

〈三井住友銀行カードローン〉強み:ローン契約機で即日融資可能
〔金利〕4,0%~14,5%〔限度額〕800万円

〈みずほ銀行カードローン〉強み:限度額最高水準
〔金利〕3,5%~14,0%〔限度額〕1,000万円

〇消費者金融は一定の収入がある人向け。総量規制がかかるので年収の3分の1までの借入になります。
急ぎで借りたい、少額を借りてすぐに返済したい(無利息期間を利用)人向けです。
〇銀行カードローンは一定の収入がある人、配偶者に一定の収入があれば専業主婦でも借入可能です。総量規制の対象外となります。
金利の低いところで借りたい、審査は厳しくても銀行で借りた方が安心するという人にも向いています。

どの金融会社もそれぞれの特徴や強みがあり、おすすめできる所ばかりです。是非参考にしてみてください。

キャッシングは複数社を利用できるか

キャッシングの契約数に関して制限はないため、審査に通れば複数社の同時利用もできます。新規契約時には実績がないため利用限度額が低くなることが一般的であり、引き上げるには半年以上の期間が必要です。そのため、引き上げを行わずに複数社と契約することでキャッシングできる総額を増やす人も少なくありません。
ただし、契約数が増えれば審査には通りにくくなります。消費者金融などの貸金業者を利用する場合、総量規制があるため、限度額の総額が年収の3分の1に近くなっていると、それ以上の契約や限度額の引き上げができません。また、借り入れ残高が高額になっていたり、契約数が5社以上になっている場合も返済能力が低いと判断されて審査に落ちやすくなります。
申し込みの際には同時に申し込まずに間隔を空けておいた方が安全です。キャッシング業者の中には審査で申し込み情報を確認していることがあり、短期間に複数社の申し込みをしていると、それだけで落とされてしまうことがあります。